So-net無料ブログ作成
検索選択

小倉よしえさんのソネライブ [Jazz]

11月14日(金) ジャズ好きの同僚を誘い、神戸三宮のライブハウスソネに行きました。

店に入ったのは午後8時前、金曜日ということもあって、割と混んでいるようでした。
予約をするのを忘れてしまい、行き当たりばったりでしたが、運よく前の方が空いていました。
座った席は、ステージに向かっていつもの指定席よりの二つ右側の席でした。

出演:新井雅代(Vo)、高岡正人(P)、村松泰治(B)、石川潤二(D)
    特別ゲスト 小倉よしえ(Vo)


第2セット

1曲目と2曲目はトリオ演奏から。

1曲目はスローテンポで2曲目はミドルテンポでした。
今日座った座席は、ピアノとドラムが見える位置でした。
ピアノの指使いが見えるので取りあえず満足でした(^-^)。

3曲目 「Taking a chance on love 」(邦題:恋のチャンス)


「神戸三宮のライブハウスGreat Buleより塚崎優子(Vo)」


3曲目からボーカルが入った。
自分が持っているCDに入っている曲だ。
新井雅代さんの歌。当然のように歌がうまいなあ。

4曲目はボサノバから


5曲目 「You be so nice come home to」



新井さんのMCで第9回神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト準グランプリ受賞「小倉よしえさん」の登場!
スタンダードの曲から歌いますというMC。
歌う前にちょっと咳をしていた。
途中でスキャットが入っていたのが印象的でした。





6局目 Loving you


「尼崎市武庫之荘のライブスポットArrowより」

神戸ジャズボーカルクイーンコンテストで歌った曲ですというMCでした。
あの時も、こんな感じだったのかなあと思いめぐらせていました。







7曲目 Cry me a river



曲のタイトルを聞くと、サテンドールで聞いた時のことを思い出すなあ・・・。

ちょっとけだるい感じのリズムだった。
小倉さんがピアノに寄りかかって歌っているのが様になっていた。






8曲目 「Satin doll


「on piano Oscar Peterson」

歌う前に新幹線の中でトラブルがあり、自分は泣きべそを掻いていたのに車掌さんがいろいろ探してくれたというsiMCでした。店に入って右奥のエリアに大人数で来ている客がざわついているのでよく聞こえないなあ(;一_一)。

新幹線の中に譜面を忘れたのだろうか・・・?

サテンドールという曲は、ラテン調というか、ちょっと早めのテンポの演奏でした。


第3セット

1曲目と2曲目はトリオ演奏

2曲目は「Softly As In A Moring Sunrise」(邦題:朝日のようにさわやかに)
   

3曲目  「I can't give me anything but love

   3曲目からボーカルが入りました。


5曲目 「When you wish upon a star」(邦題:星に願いを)


「東京ディズニーランドでかかっている曲?」


「本田美奈子さんの歌声で」






6曲目 「Route 66



ドラムのソロ演奏。ベースもソロで演奏して、ドラムのソロにキャッチボールをしていた。
トリオの演奏は控えめだったと思う。



第3セットが終わり、ソネを後にしました。

この辺で、幕とさせていただきます!

続きを読む


nice!(12)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちょっとジャズ [Jazz]

久しぶりにジャズを聴いてみよう。それなら良佳さんの歌を聴こう。

そう思いながら5月8日(木)の午後6時15分頃、ライブハウス「ソネ」に行きました。

member:北浪良佳(Vo)、祖田修(P)、木村知之(B)、佐藤英宜(D)

すでにお店に来られているお客さんは、2組のようでした。いつものところに座って、赤ワインとナスとベーコンのスパゲッティを注文しました。トマトソースだった。


第1セット
午後6時50分を過ぎた頃にライブが始まった。トリオで2曲の演奏。

1曲目は「Softly,As In A Morning Sunrise」(邦題:朝日のようにさわやかに)
        http://jp.youtube.com/watch?v=NcA2fRK0caU
2曲目は「My Foolish Herat」。
Bill Evans

2曲目は早いテンポだった、ドラムスはアクティブな演奏だなあ。
祖田さんのピアノは何回か聴いていて、気に入っている方。他のミュージシャンの動きを見ながら演奏しているようだった。
佐藤さんのドラムスも面白い。動きに表情があるとでも言うのだろうか。
木村さんの演奏を聴くのは、初めてだと思う。

祖田さんのMCで、3曲目からボーカルが入った。
良佳さんの歌を聴くのは久しぶり!前回聴いたのは、確か去年の10月頃だったように思う・・・。
4曲ともこれまで良佳さんのライブで聴いたことがある歌だった。「ジャニーギター」ほか。
これぞ良佳さんの歌だなあといった唄い方のような気がした。

第2セット

休憩を挟み午後8時頃から次のセットが始まる。
トリオで2曲。2曲目はソロの部分で、ピアノとドラムスのコレボレーション。そこにベースも入っていく・・・。

3曲目からボーカルが入る。
「All Of Me」ほか、3曲を聴いた。
     All of me  http://jp.youtube.com/watch?v=hvRiiKOEAlw
第2セット最後の曲は、コールポーターの「On a clear day」(邦題:晴れた日に永遠が見える)
     

オールオブミーは、去年の高槻ジャズストリートで、あるグループの女性のボーカルが歌っていたなあと思いだしながら聴いていました。でも、良佳さんはアレンジして歌っているので、あの時の歌い手とは全然感じが違うなあ。他の3曲も良佳ワールドとも言えるような歌だった。

予め演奏を聴くのは2セットくらいまで、頑張って3セットかなあと思っていた。アイスクリーム作りでちょっと睡眠不足になって次の日に影響がないようにと思っていたこと、取り立ててもっと聴いてみたいと思わなかったので、このセットが終わり店を後にしました。

乗れない自分

最初のセットの演奏が始まってからのことだった。いつもの席に座り演奏を聴いていたとき、自分が座っているテーブルの2つ右隣に若い女性が座っていて、その後ろに座っているおっちゃんが煙草を吸っているようだった。
なーんか自分の方まで煙草のにおいがしてくる感じ。そのおっちゃんの前に座っている女性はもっと迷惑をしているんだろうなあ。そう思いながら演奏を聴いていると、なーんか気が乗らないというか、演奏だけに集中して聴けない感じだった。自分の後ろの客席からも煙のにおいがしてくるのではないのかなあ・・・。結局その女性は最初のセットが終わった後店を後にしました。最初から食事をしながら演奏を聴くだけだったのかどうかわからないけど。

よくよく考えてみると、乗れなかった原因は嫌な煙草の煙に尽きるけれど、自分が聴きたいと思う曲をリクエストしなかったこともあるのかもしれない(-.-;)。以前ソネによく行っていた頃は、リクエストをしていたのにね。

良佳さんのCDに入っている「小さな空」という曲が聴きたかったなあ。武光徹作曲。石川セリの歌もすごく個性的だけど、良佳さんのもいい感じだから。この曲は、以前良佳さんのライブで初めて聴いていいなあと思った。3セット以降も聴いていれば聴くことができたのかもしれない・・・。
     

※ほかに、李 浩麗(Ri Kourei)さんのライブもYou Tubeで聴けました。(ご報告まで・・・)

ソネは気に入っている店だけど、以前から気になっている状況は今後も改善されないんだろうなあ。私の中では変わっていくものがある。そうすると、単にリクエストをすればよかったということでは埋まらないものがあるような気がする。たぶん。

この辺で、幕とさせていただきます!

良佳さんのHPは→http://www.yoshika.org/
祖田さんのHPは→http://www.phyesh.co.jp/soda/
佐藤さんのブログは→http://hidenori.blog68.fc2.com/
ソネのHPは→http://www.mmjp.or.jp/sannomiya/sone.html

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

市川ちあきさんのソネライブ [Jazz]

11月16日(金)に神戸の北野にあるライブハウス「ソネ」に行きました。
             http://www.mmjp.or.jp/sannomiya/sone.html
member:北荘桂子(Vo)、石川武司(P)、井出 厚(B)、岩高 淳(D)
       特別ゲスト 市川ちあき(Vo)

珍しく会議があったので店に入ったのは午後7時55分。予め予約を入れていたのでピアノがよく見える前の方に座ることができました。ありがとうございました!

第2セット

1曲目はピアノトリオの演奏で始まる。テンポのいいピアノ。石川さんがDanceでもしているかのようにピアノを弾いている(^^)。ベースもドラムも乗っている。。。

2曲目からボーカルが入り、北荘さんの登場。この曲はセサミストリートという番組で歌われていた曲では・・・。それにしてもこのノリは?第1セットから盛り上がっていたのだろうか。。。

北荘さんのMCで、「今日はいつもよりすごく嬉しいんです。特別ゲストが来ているんですよ。今年の神戸ジャズボーカルクイーンコンテストの準グランプリ受賞者市川ちあきさんが来られています。」という趣旨の紹介で市川ちあきさんの登場。真っ赤なドレスだった。

3曲目:「My Favorite Things」 
市川ちあきさんが受賞された時に歌われた曲から。市川さんの歌を聴くのは久しぶり、表情が豊かだ。

4曲目:「Waters Of March」(邦題:3月の雨)
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲で去年市川さんが出したCDに入っているとのこと。

「一番リクエストの多い曲は何だと思いますか?
それはビートルズの曲です。その次は何だと思いますか?
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲なんです。」といった感じのMC。

5曲目:「New York States Of Mind」  
ビリー・ジョエルがまだ売れなかった頃に作った曲とのこと。市川さん、MCもうまいなあ。北荘さんは、石川さんのピアノを後ろから覗いて笑っていた。

6曲目:「It's Delovely
コール・ポーターの曲から。

第2セットが終わったあと、西谷新開地ミュージックストリート実行委員会委員長代行(当時)が花束を持って市川さんに手渡しされているシーンがありました。なかなか心憎い演出。すでにピアノの上に花束が置かれていたので2つになりました。

あの時は、ピンクです。

第2セットが終わったあと、市川さんとお話することができました。
「あの時(神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト)も赤だったですかねえ。」
「あの時はピンクでしたよ。」
「・・・・・・」
記憶力がこれでは女性をくどくことはできませんね(^_^;)。

第3セット

1曲目はピアノトリオの演奏から。イントロはゆっくりだったけど、これもハイテンポな曲だった。

2曲目から北荘さんのボーカルが入る。
It's Only Paper Moon
演奏が終わり、第2セットと同様、市川さんの紹介があった。

3曲目:「Route 66
今はもうないということだった。この道路のこと?
ピアノも乗っている。ボーカルの声量もいい。

4曲目:「Moanin'」(モーニン)
アート・ブレーキー アンド ザ・ジャズ・メッセンジャーズの演奏で有名。
ダッダ ダ ダ ダ ダ ダ ダーン ダン
こんなものでしょうか(^^)。

Add Video to QuickList
CLASSIC FREDDIE! This is from 1962 with Art Blakey and the Jazz Messengers. The rest of the band is Wayne Shorter, Curtis Fuller, Cedar Walton, (more)

今日はネイティブの人が来られているので、いつも以上に発音を気をつけないとということで、日本人が苦手な発音の練習をしましょうということで、歌の前にmoanin'の発音をされていましたね。なかなか正しい発音を真似ることはできませんでした(^_^;)。

モーニンという曲は、初めてジャズのCDを買った頃にトリオ演奏で聴いた曲。ボーカルで聴けるなんてね。。。

5曲目:「Nightingale
バークリー・スクエアのナイチンゲール。準グランプリ受賞曲のうちの1曲から。

動画をクイック リストに追加
from 2005. They are: A Nightingale Sang In Berkeley Square and We'll Meet Again....Katherine Jenkins Nightingale Sang In Berkeley Square We'

6曲目:「I Could Have Danced All Night」(踊り明かそう)
ハイテンポ?何テンポ?凄く元気になれる歌だった(^^)。

YouTube - 岩崎宏美 マイ・フェア・レディ より 「踊り明か ...

"I Could Have Danced All Night" from My Fair Lady sung by ...
2 分 43 秒 - 5.0 中の評価 5.0
pl.youtube.com/watch?v=Hc7Z_TDAcUI

第4セット

1曲目:「Corcovado」(クワイエットナイト)

ピアノトリオ演奏。やわらかなピアノの演奏だった。

2曲目から北荘さんのボーカルで。ノリのいい曲だった。
この後、北荘さんの紹介で市川さんのボーカルが入った。

3曲目:「Fever
ペギー・リーの曲から。ネットで調べてみると、「ジョニー・ギター」などのヒット曲のほか、ブラック・コーヒーという曲も・・・。2002年に81歳で亡くなったとのことでした。

4曲目はリクエストの曲から。

5曲目:「The Boy From Ipanema」(邦題:イパネマの少年)
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲から。女性が歌う場合、題名を変えるようです。

6曲目:「In The Wee Small Hours Of THe Morning
・・・モーニング?CDを買わなければ曲名がわかりませんでした。英語は難しい(>_<)。

バラードの曲。市川さんのCDに入っている曲で、石川さんとのピアノデュオ。他のミュージシャンも手を休めて聴いている。6曲目だったのでもう終わりでは?と思ったけど。。。

7曲目:「Almost Like Being Love
なんて素晴らしい1日だったんだろう。こんな気分は味わえないだろうね。まるで恋に落ちた感じだ。

第1セットで歌った曲ですが、好きな曲をもう一度歌いますというMC。

YouTube - Almost Like Being In Love

Baileo Big Band - Almost Like Being In Love - Laura Fygi.
3 分 56 秒 - 4.3 中の評価 4.3
www.youtube.com/watch?v=IWsi0IqoXB4
Add Video to QuickList

歌が終わり、ピアノのソロ、ベース、ドラムへと・・・・。ボーカルが入っていても十分ピアノトリオの演奏を楽しむことができた(^^)。

市川ちあきさんのHPとブログは次のとおりです↓
    http://chiakiichikawa.sakura.ne.jp/
    http://chiakijazz.blog114.fc2.com/
神戸ジャズボーカルクイーンコンテストの模様は、私のブログ記事を読んでください↓
    https://www.so-net.ne.jp/blog/entry/edit/2007-05-20

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽