So-net無料ブログ作成
  フレンチ ブログトップ

シェ・アリガ [  フレンチ]

姫路のシェ・アリガというフレンチのお店に行きました。
このお店は、有機無農薬野菜を使っているということでした。

2009_1204_180710-CA390194.JPG

お店は大手前通りから西へ2筋入った東西の通りにありますが、姫路では有名な魚町という繁華街の近くなので結構車が行きかう感じです。そんなわけで、店の外から急いで写したのがこれ↑です。

店内は入口からレジまで細長い通路で、その奥は縦長の長方形のスペースにテーブルが並んでました。左手に階段があるので2階席もあるのでしょうか。自分は右奥のテーブルに座りました。



2009_1204_182221-CA390196.JPG 2009_1204_182808-CA390197.JPG


自分が食べたのはディナーBコース(5250円)です。
オードブル、スープ、お魚料理、お肉料理、デザート盛り合わせ、コーヒー又は紅茶、パン又はご飯(香の物)
ある女性のブログによると、肉と魚の両方でも十分食べられるボリュームであるということでした。

ここはお箸でフレンチが食べられるとのことでした。
テーブルに着くと、箸とスプーンが添えられていましたが、ナイフとフォークはありませんでした。
赤ワインをボトルで注文して、乾杯!




オードブル
2009_1204_182141-CA390195.JPG

最初のオードブルは、ホタテです。
隠れてて、見えにくいですが左上にもあります。
生ハムが細長く敷かれてますね。
上に乗っているカリカリのものわかりますか?ごぼうなんです。すごく香ばしかったです。
食べ始めて出てきたパンはちょっと温かい感じで、手でちぎって何もつけずに食べました。あとソースにつけて。




スープ
2009_1204_184037-CA390198.JPG

この季節にこんなスープは温まりそう。
やっぱり、フレンチだね(^-^)。中にはいろんなものが入ってました。





魚料理
2009_1204_185041-CA390199.JPG

魚はまながつおです。
添えられている野菜を食べていて、これ何だったかなあ?と思うのがありました。
以前食べたことがあるのかなあ・・・。






牛ヒレ 洋風
2009_1204_190459-CA390200.JPG

料理を注文する際、オーナーシェフから、「肉は牛ヒレですが、洋風と和風のどちらをされますか?」と尋ねられ、
自分は洋風を注文すると、一緒に来た人は和風を選びました。

お皿と写真の光の具合のせいか、ハンバーグに見えそうですね。
赤ワインを飲みながらおいしくいただきました。



牛ヒレ 和風
2009_1204_190532-CA390201.JPG

写真を写させてもらったついでに、少しいただくことにしました。どんな味なんだろう?
すだちが入っていて、さっぱり味のソースです。






紫黒米のご飯
2009_1204_192436-CA390202.JPG

予めパンかご飯のどちらにしますかと尋ねられ、ご飯を選びました。
テーブルに置いてあるメニューにも紫黒米を使っているご飯だとか。
フレンチを食べに行けばパンを食べるのが普通かなと思いましたが、健康志向の自分としては、食べてざるをえませんかねえ。
今回、お漬け物が付いているのが和風フレンチたる由縁でしょうかねー(^-^)。





デザート&コーヒー
2009_1204_193413-CA390203.JPG 2009_1204_193427-CA390204.JPG 2009_1204_193458-CA390205.JPG

アイスと一緒にいろんなフルーツが入っていて、なかなか楽しめましたね(^-^)。
ティラミスがこんな入れ物に入っているのも面白い!かも。。。




姫路でフレンチを食べに行こうと思って、このお店を選びました。
出てきた料理は満足するものだったし、目を喜ばせてくれるデザートもあったりして(^-^)。

ただ、気になったのは、「シェフは寡黙な人なのかあ?
フレンチを食べに行き、料理が運ばれてくると何か説明があるのですが、あまりなかったですね。

見方によれば、自由な空間で楽しんでもらおうということかもしれません。
出てきた有機農野菜が何なのかということを思いながら味わってもらいたいということなのかも。
実際、ゆったりとした時間を過ごすことができたのは確かですから。

この辺で、幕とさせていただきます!

シェ・アリガのHPは→http://www4.ocn.ne.jp/~ariga111/
     
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビストロ・トント [  フレンチ]

8月31日(金)に神戸市中央区加納町2-3-13にあるBistro Tonto(ビストロ・トント)という店に職場の3人で行って来ました。
Bistro Tonto(ビストロ・トント)

 


(写真は、ぐるナビの画像より拝借・・・(^_^;))

あらかじめ電話予約を入れました。「タバコは吸われますか。」と尋ねられたので、「吸いません。」と言って禁煙席にしてもらいました。Hanako 6月号によると禁煙席10席となっていました。

コースは2500円からということだった。当日、店に行ってメニューを見ると、前菜とメイン(肉と魚のうち1品)は取り分けの形で出てくるシェアというコースだった。スープとパスタ、ドリンク付きのデザートは別々に出てくるというものだった。当然パンも・・・。

普通のコースというのは4500円くらいだったと思う。ただ、ちょっと違うのはデザートがお代わり自由というもので、自分にとってすごく魅力でしたが、スイーツは何かにつけて十二分に食べているので、シェアというコースにしました。

ドリンクを注文して乾杯!(出てきたものをデジカメで撮影しようと思っていましたが、シェアというコースで、みんなで食べるものだから撮影を断念しました(>_<)。)

1 前菜
ちょっとびっくりしたのは、前菜の中に入っていた魚にサバの薫製が使われていたこと。
スープが出てくる前後に小さく切られたフランスパンも出てきました。結局パンは2個食べました。

※1 サバは、DHAやEPAが多く含まれていて体にいいとか。そう言えば、Hanakoに店の紹介として「野菜たっぷりのロハスフレンチ。かわいい隠れ家で満喫。」と書いてありました。
※2 ロハス LOHASロハスローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康持続可能性の(若しくはこれを重視する)ライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルとされる。

2 スープ
夏らしく冷たいポータージュが出てきた。
何のポタージュだったのかなあ(^_^;)。

(閑話休題)
スープが出てきて飲み終わった頃だったと思う。シェフがやってきて大皿を取り上げた。
大皿には前菜があと少し残っていたことを自分は見逃さなかった。
どうするのかなと思いながら、知らない素振りをしていた。
シェフは、3人の小皿に均等に分けていました。よし、よし(^^)。
居酒屋とかで客のことを考えていない店員であれば、それなりに残っていても黙って下げようとしますけどね。。。

3 パスタ
ゴーヤの入ったトマトパスタだった。ナスも入っていたな。コース料理にありがちな、量は小ぶりだった。味は悪くはなかったのだけれど、あの量はちょっとねえ・・・(T_T)。
でも、ゴーヤを使って色彩感も出ていたな。収穫あり!これは真似できる(^^)。

4 メイン(肉料理)
メインは鳥肉だった。四国の何とかという鳥だった。何とか・・・(>_<)。
これって、ジビエ?
自分達がジビエという言葉を知らないと思い、シェフがその言葉を使わなかったのだろうか。。。
※ジビエ ヤマウズラ・カモ・シカなどの野鳥獣のこと。主に狩猟シーズンに食べる。

5 ドリンク、デザート
ホットコーヒーを注文しました。デザートは、グレープフルーツとカンパリソーダで作ったシャーベットだった。取りあえず、これも夏らしく、店舗のカラーと同系色のデザートでした。

結構話がはずんだのか時計を見ると午後9時前だった。まずまずのお腹になって、これからどうしようかと相談するとスイーツの2次会に決まり店を後にしました。

特段味に不満はありませんでした。店を出るとき、シェフから食べに来てもらったことのお礼の言葉をいただきました。ごちそうさまでした。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

県庁前のフレンチの店「ラ・ファーム」 [  フレンチ]

6月8日(金)にフレンチの店「La Femme」(ラ・ファーム)に行きました。
住所:神戸市山本通り5丁目4-3
アクセス:JR元町駅(西口)又は、地下鉄県庁前駅を下車して、神戸山手大学と相楽園の間の通りを山側に歩いて行きます。

夜のメニューは、コースとアラカルトがありました。
コースは4000円と4500円のコースがあり、4500円の方はメインに肉と魚の両方が付いていました。連れに意見を求めたところ4500円の方を選んだので合わすことにしました。

食前酒としてシャンパンのグラスで乾杯することにしました。すごく飲みやすかったです。

※以下の写真は、事前に店の人の了解を得て撮影したことを申し添えます。


アミューズ(お楽しみ)2種類 

左の作品:プチトマトにレーズンとカマンベールチーズの仲間たち
※題名は自分で付けました(^_^;)。
プチトマトの中にレーズンとカマンベールチーズが入っていました。

右の作品:マンゴーの生ハム巻き

生ハムにマンゴーも合うようです。生ハムは結構塩味がきいていました。



オードブル(前菜、antipasto:

オレンジを乗せた鴨肉とホタテをしのばせた野菜

鴨は、少しスパイシーですが、肉の臭みは特に感じませんでした。
鴨肉を噛むと肉のうま味が出てくる感じでした。
野菜は少し酸っぱめの味付けで隠れたホタテと一緒に味わいました。。
皿にチョコといちご(?)のペイントが施されていました。



パン
ちょっと暖かめのパン。
左はフランスパン程ではないけれど、少し堅めです。ちょっと塩味が・・・。
右側は柔らかめでいい匂いが・・・。



本日のスープ:枝豆?のポタージュ

皿も結構温かかったですが、ちょっと塩辛かった・・・(>_<)。

この時、グラスで赤ワインを注文しました。
連れがこの後の料理は魚である趣旨のことを言っていましたが、自分はそれにとらわれず気ままにワインを注文することに。。。



メイン(魚):甘鯛の白ワイン蒸し

甘鯛の下にはキャロットが・・・。
フレンチだから、キャロットの上に甘鯛を乗せているということですね。
甘鯛に香草とオクラ、パプリカを乗せています。




メイン(肉):鴨のローストにシメジを添えて

鴨肉のソースは、鴨の肉汁に赤ワインを合わせてコクを出して、ちょっと甘めに仕上げています。

グラスで白ワインを注文しました。



メイン(肉):牛ヒレ肉のステーキ
連れの方が選んだ肉をちょっと写してみました(^^)。




ドルチェ(デザート):フランボワーズにブルーベリーが入ったタルト

コーヒーを飲みながら食べました。美味しかった(^^)。

続きを読む


  フレンチ ブログトップ